忍者ブログ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
chatoru
性別:
非公開
自己紹介:
和食好きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13019748/

弱った体に優しいお粥を………という日には、あまり、向きません(笑)。
味は淡泊であっさりとし、形が無いほどトロトロになったお粥はおなかに優しくすぐに消化されるのでしょう。

が、量がはんぱじゃありません。(断言)

きっぱり、はっきり、多いです(笑)。それをお店も知っているのか、『今日中に食べられますか?』と聞いてくれたので、お持ち帰りOKの様子。(もともと、テイクアウトもあります)
アワビやごまのお粥もありますが、南瓜のお粥もおいしそうでした………海老派なので私はたいてい海鮮粥ですが(笑)。
味の変化があまりありませんが、おなかいっぱい美味しいお粥が食べたい!!という時には良いかと思います。もしくは、テイクアウトで他のお店の料理と一緒に持ち寄ってちょっと食べるなら幸せな感じ。
美味しい、でも多い、のジレンマがあるのですが、やっぱり通ってしまうお店です。
PR

http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13002782/

風邪引きの時に体を温めたく、初挑戦のサンゲタン。平日ランチ、990円。
柔らかい味で美味しかったです。後半飽きるかな、という味ですが、お塩や副菜(おかわり可)がついているので、変化をつけてがんばれる感じ。

餅米たっぷり、栗やら薬草やらがころりと鳥の中から零れます。もっちりと長時間煮込まれたスープに埋まってくる鳥さんが一羽。
………食事中、鶏の解体ショーになるので、鳥が嫌いな方が同席しているときは避けた方が賢明です。足、二本しっかりついてますんで(笑)。

福ちゃんの石焼きプルコギ定食の写真も出てきたのでUP。平日ランチ、980円。

普通の石焼きも美味しいのですが(780円)、プルコギ定食も美味しいのですが(たしか880円)、相乗効果で石焼きプルコギは美味しいのです。体力つけたいとき、気合い入れたいときに是非。
ランチにはサラダを含む副菜4種がつきます。
暖まるし元気になるんですよ、ここのごはんvv

★方向音痴だけど文章で道を説明してみる、と………
赤坂見附のベルビー改札口(地下1F)を出て、振り返ると左にエスカレーターと階段があります。そこを上り、左に大きな道と赤坂東急ホテル、右に雑然とした通りが見えたら、右の雑然とした通りに出てまっすぐに歩く(方角的には、地下鉄赤坂方面に進む)とすぐにサブウェイのある十字路。お昼にはサブウェイ前でバイトさんが簡易テーブルを出してランチバックを売っているので、その正面のビルが「福ちゃん」の入っているビルです。「福ちゃん」は地下1F。2Fが「ベアバグ」というマッサージやさんで窓におおきなシロクマのステッカーがあるので目印になるかと。3Fに「黒猫夜」という中華料理のお店が入っています。
黒猫さん、雰囲気があるお店で楽しいし、ランチも美味しいのですが(土鍋でお焦げとか出てきて、熱々)、ちょっと油分が多く男性向けな感じです。
単純に私が油にあたっただけなんですが(苦笑)。

カルビクッパ、だったかユッケジャンだったか…(あれ?)
週に一度は行きたくなる、ハマるお店です。

サラダ、キムチ等の小皿がついて、780円。
石焼きビビンバも美味しいですが、ちょっと元気になりたい日は石焼きプルコギ定食980円をお薦めします。
石焼きの皿の中心に卵が乗っていて、それを自分で混ぜて絡めて食べるのですが、「じゅ~~っ!」てすごい勢いで焼けていくんですよ…!!混ぜないと、そこのお焦げが堅くなり過ぎるくらい石が熱い。
どのお料理も注文してからさくっと作るので、熱々で、冷房や冬の冷気に冷えた身体もすぐ温まります。
店長のほんわかした日本語と、奥様の笑顔に癒されに行く常連さんも多いかと。
私もそのひとりです(笑)。

福ちゃん
東京都港区赤坂3丁目9-8 篠原ビルB1F
TEL 03-3588-6089
忍者ブログ [PR]