忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
chatoru
性別:
非公開
自己紹介:
和食好きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご縁があり、初日前の通し稽古を拝見する機会に恵まれました。
ゲネプロを見学させていただくのは初めてで、とても印象的でした。ありがとうございます!

観た感想としては―――とても、印象的な舞台でした。

でも、強姦から愛情が生まれる事は現実には無いです。

世の男性諸氏、どうぞお間違えなきように………とひとこと、ちくりと言いたくなるのは、ファンタジーだと分かっていてもムーシュの最後の叫びに泣かされたからです(苦笑)。
すごい。
あの声で、あのタイミングで、あんな台詞言われたら………背筋がぞっとしました。
(こう…キャプテン・コックに『こぉんの我儘男ッッ!!』とつっこみたいところは多々ありましたが!ムーシュが無垢で可愛くて健気で痛々しくて、『もっと他にいい男が居るよ!!』と何度も思いましたが:笑)

舞台としてとても纏まっていた―――完成度の高い、どこに視線をやっても雰囲気のある舞台に思えました。(もちろん、群舞や歌や台詞ミス等、あれ?という場面はありましたが、これから煮詰めて何度も公演を重ねていくうちにどんどん洗練されていくと思いますし)
群舞が華やかに舞う場面や、出会いと別れ、複数のキャラクターが同じ旋律で違う歌詞を歌う場面など、『いま、私が見ているのは「夢から醒めた夢」だっけ?』と勘違いしそうになる演出はありますが、劇団四季の夢~とは違い、全般的に大人向けになっています。
あとは………ミュージカルのお約束(キャラクターの心理や状態を抽象的な踊りやきれぎれの台詞で表現すること)に慣れている人むけの作品だな、という印象です。
えぇと………上手い例えが思いつかないのですが、
日本の漫画のコマ割りは基本的に、右上⇒右下⇒左上⇒左下、の順に視線を流すことを前提にしています。これが、漫画を読む上での暗黙のお約束。(その習慣が無い海外で日本製の漫画が出版されると『よみかた』指南の頁が付け足されました…というのは、海外土産で漫画の翻訳本を貰ったことがある人はご存知かと:笑)
同じように、ミュージカルにもお約束があって………最初に印象的づけたい場面(主人公の過去など)を観客に『唐突な場面として切り取って』見せて、その後、いきなり場面は華やかに切り替わり、お話が始まる―――暫くストーリーを追っていくと、主人公の過去が出てきて最初の場面が繰り返され意味が分かるようになる、または最初の場面の示す意味を観客が察しているから、主人公がストーリー上でつっぱった生き様を見せていても『本当の君は、違うんだよね』という共感を観客に与えられる………といった演出に慣れていないと、お話が繫がらない時点で『え、今、なにやってるの??』とおいていかれる人が出ます。
………なんて真面目に語っていますが、単純に私が、唐突に黒い群舞の方々が芸術的な表現をする度に『さて、これは何を象徴しているのかな??』とおいてきぼりにされたので拗ねてるだけです………。
四季や小劇場系やラーメンズのお二人の舞台になれすぎているからでしょうか(苦笑)。

音は生音だし、ゲネプロ中に地震があっても動じない役者さんたちの集中力は凄いし、内容は大人向けのファンタジーだし(なおかつ、幸せなだけでは終わっていないし…森で待っていたジプシーの彼はどうなったんだろう:汗)、観る人が『だれ』に感情移入するかで本当に様々な見方が出来る、よい舞台です。
帰り際、出入り口で見送ってくださった劇団関係の方々の自信に満ち溢れた笑顔が素敵でした。
好きなものを、自信を持って作っている、という雰囲気。
そこまで全力で作られた舞台って、凄いですよね。

カーテンコールまで終わった後、演奏者の方々への拍手も終わると幕が上がり、
『じゃあ、五分後に衣装をぬいで舞台に集合してください』という演出家(?)さんの声に舞台上から
「五分は難しいです」
と普通に返していた出演者さんの声が印象的でした。
幕が開いて、閉まるまでが夢の世界。
その後は、舞台を作り上げる日常が、劇団の方々には続いていくのですね。

※今回、館内の写真はありません。
入り口はいって左奥に、『あ、ここは撮影スポットになるのかな?』という台が人形ナシでおいてあったので、『ゲネプロを見学させてもらったという事は色々ブログとかに写真記事含めてUPしたほうが宣伝的に良いのかな』と勝手に気を回し、スタッフのお姉さんに撮影可否を聞いたところ、客席中央で指示を出していた白髪の伯父様が出ていらして………改めて写真撮影可否を問い合わせたところ、(写真撮影はご遠慮下さい、と丁寧に説明されたあとで)

『どうぞ記憶だけお持ち帰り下さい』

と、さらりと微笑まれたので謝ってカメラ仕舞いました。
(すっっっごいカッコいい伯父様でした。こう、伯父様お爺様好きのお友達に知らせたいほど!)

なので外からの様子を(笑)。

NEC_1495.JPG







赤坂ACTシアターを外から。

NEC_1496.JPG







すぐ側の道は、電飾で綺麗でした。

そして、
NEC_1494.JPG







お隣の赤坂BLITZ はすんごい人だかり(これは夕方6時前の状況)。
思わず何をやっているのか、道行くお嬢さんに伺ったところ、ゲーム系のライブとのこと………FFはこのあいだ横浜であったはず、と首を傾げるとペルソナだと教えてくれました。どうりでグッズ売り場が長蛇の列!
すごい熱気でした。

PR
http://jp.youtube.com/user/ONGAKUZA

まだ始まっていない舞台のお話なのですが、すごい気になったので…

人形と人間が一緒に立つ舞台。音楽と人形と人間が渾然一体になった舞台。
劇場で頂いたチラシを見ると、光と影と、音の舞台の様子。

主人公は不幸な生い立ちの少女。
ムーシュ(蝿)と呼ばれ蔑まれ、どこにも居場所が無い彼女にとって、人形は道行く他人よりも身近な『人間らしく』見える、心許せる相手。
田舎から都会に出てきて働いてもうまくいかず、いっそ身を投げようかと川を覗き込んでいるところを『人形』に声をかけられ、思いとどまる。そして始まる人形達との会話、交流、友情。一座に入れば人形達が親しい仲間として迎えてくれる、初めて居場所が出来た少女の喜び―――もちろん、『人形』というからには、それを操る人間が居る。
人形達の姿を借りてムーシュに語りかけながらも、ムーシュが言葉を返すのは人形達、人形使いではない、というジレンマに苛まれ、愛憎を募らせる人形遣いの男、その名はキャプテン・コック。
こちらも不幸な生い立ちで、愛情に餓え、愛を知らずに生きてきた。
そんな男が、無垢でまっすぐな少女を前にどうでるか?

昼の顔(人形達)と夜の顔(キャプテン・コック)が違うとはいえ、その実、本体は人形使いただひとり。
不器用で凍りついた男の愛情を、ムーシュがどう受け取るのか………は、観ないと分からないのですが(笑)。
すごい、気になる舞台です。

★会場は赤坂ACTシアター。
劇場周辺でお買い物を楽しんだり、観劇後はちょろりと裏道に抜けて「
一龍」でソルロンタン(雪濃湯)なども計画出来そう。24時間やっているので、多少遅くなっても安心。(地下鉄の赤坂駅も近いし、いっそ赤坂見附までひとえき歩いて東京に抜けても良し)
でもゴハンをたくさん、という気分でなければ
ここに行きたい…うーん、バータイムになるでしょうか??

★主役のムーシュは、
宮崎祥子さんが演じられています。
劇団四季の『夢から醒めた夢』のハンドベル隊(小人達)という記事を見て「あの!!」と思い出す感じ。たしか、戦禍で亡くなった子供達も同時に演じるているはず…。声が、すごい通るんですよね、四季出の俳優さん達は。やはり母音発声練習の成果なのでしょうか??
忍者ブログ [PR]