忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
chatoru
性別:
非公開
自己紹介:
和食好きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

長くなってきたのでその2に。

NEC_1890.JPG
■1994年 【ジーザスクライスト・スーパースター】 手前
■2004年 【ジーザスクライスト・スーパースター】 奥

劇団四季。私が見たのは1994年がエルサレムバージョン、2004年がジャポネスクバージョンでしたが、ヘロデ王とユダがすごい印象に残っています。ユダはあの歌の凄さ、前面に出てくる意思が凄くて………ヘロデ王は下村さんが見事に、素敵に、好演されていらっしゃいました。

NEC_1891.JPG
■1996年 【オペラ座の怪人】 左
■1996年 【美女と野獣】 右

ディズニーの世界を劇団四季が舞台化。
華やかな世界が幾多の写真で記録されています。

NEC_1894.JPG
■2002年 【壁抜け男】
■2002年 【contact】
■1999年 【スルース】

劇団四季。写真を眺めているだけでも楽しいパンフレットです。舞台の本筋を追っていると見逃しがちな場面をきちんと写真でひろってくれているので、親切なパンフレットともいえるかもしれません。

NEC_1893.JPG
■2002年 【アンドロマック】
劇団四季。17世紀フランス古典悲劇、というと、とっつき難い感じがするかもしれませんが、いつの時代もこういう愛憎劇ってあるよね!と思えば昼ドラにも見えて………くるかも(?)しれません。

NEC_1892.JPG
■2001年 【ハムレット】 左
■2005年 【エビータ】 右

劇団四季。ダブルキャストで下村さんと石丸さんがハムレットを演じています。エビータではチェ ゲバラを芝さんが演じていて…なんでも、この頃の輸入ミュージカルは『曲と台本』のみで、あとの演出は自由に出来たそうです。反面、最近のミュージカルは一から十まで本来の姿のまま演じることを求められるとか。時代の流れなのでしょうか。

***

こんな感じに持ち込む予定です。
基本的に、

【A4のパンフレット 100円】

ですので、宜しければご自宅に連れ帰って愛でてあげてください。
A3サイズのものや、台本はご相談ということで…というか、ほしい方いらっしゃいますか??宜しければコメント欄にてご意見をお聞かせ下さい。

バイトしては劇場に足を運んで…いくら貢いだんだか(笑)。
でもそのぶん、素敵な思い出を頂きました。だから舞台って、見に行くの、やめられないんですよねv
PR
忍者ブログ [PR]