忍者ブログ
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
chatoru
性別:
非公開
自己紹介:
和食好きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://www.sekkado.co.jp/

丁寧に作ってあります、と、お豆自身が主張しているような甘納豆の美味しいお店です。
写真撮影用でしょう?と言いたくなるような、つやつや、ふくふくの綺麗なお豆がずらりと並んでいます。箱にどっさり入っているものも良いのですが、色々な味のものを個包装したセットもあるので、用途に合わせて(持って行く先の人数に合わせて)選んでみては如何でしょう。
夏場の水羊羹も、ひとくちワインゼリーも美味しいです。お店に行くとお茶と共にひとくちどうぞとお勧め品が小皿で出てくるのも嬉しい(ので、ランチ後などこまめに買いに行ってしまう:笑)。
そして何といっても、丹波の黒豆。炒った物をかしぽし頂くのもお勧めですが、お正月の黒豆は是非ここで、と勧めたいですね。甘くて粒が大きくてぷくっとした黒豆が、師走の頃に出ます。(ここのは、皺無しです)
ちょこっとお値段はしますが、出して惜しくないと私は思いました。日本酒にも合いますよ(笑)。
ただ、遠方の方からのご注文も多いらしく、十二月はいつ行っても大忙し&お店の壁を埋め尽くすほどの宅急便の箱・箱・箱…(天井まで行く勢いで)。
ご予約はお早めに、です。
PR
http://www.akasaka-aono.com/

お使い物と言えば最近和菓子に凝っています。
雪華堂の甘納豆を愛用していたのですが、同じ物が続いてもつまらないのでじりじりと青野に移動中。
ここの「赤坂もち」は、「信玄もち」のように、お餅をきな粉につけてある小さな容器を和紙風の小さな風呂敷で丁寧に個包装してあって…と思ったら、こちらが個包装発祥の本家だったのですね、失礼しました。
胡桃餅とたっぷりのきな粉。個人的に手のひらサイズの「みにどら」が可愛くて好きなのですが、食べると少ない(当たり前)。中身ぎっしりの「富久最中」も好きです。おかめとひょっとこv

http://yakumitsu.jp/

写真はロイヤルミルクティーのセット。蜂蜜いりの紅茶(選択可能。それに追加100円でミルクティになります)に、蜂蜜つきのトーストが付いてきます。中華街を歩き回り疲れた足にぴったりですv

http://www.cakechef.info/shop/vanille/index.html

千葉市立中央図書館向かいにあるケーキ屋さん。車の駐車スペースは2台あり、5人くらいが限界ですが小さなイートインもあり。
イートインだと、紅茶がポットで出てきます。写真はマンゴーのムース………だったかと(正式な名前は忘れました:汗)。甘い物は幸せ、甘い物は別腹vと、店内で食べていると入れ替わり立ち替わりお客が来るのである意味イートインは客寄せパンダになります(笑)。自分が食べてるケーキが売れていくのを見るのは面白い………。
個人的にここのロールケーキが好きなのですが、焼き菓子も美味しいのでおつかいものに重宝します。
(『バニーユロール』という名前で白い生クリームの物と、チョコクリームのがあります。現在はこれにジャージー牛のロールケーキが加わったようですが、ジャージー牛のロールは一回り半小さいです。でも美味しそう)

開店当初は天井にくっつきそうな白いコック帽を被っているおじちゃん・お兄ちゃん達が見られましたが、最近はあの帽子は被らないのでしょうか………(笑)。

http://www.kataoka.com/products/other/debailleul/index.html

東京駅の目の前にあります。自分にご褒美!な甘くて幸せなお店です。
こちらのショコラをお土産に頂いて自宅で作り『世の中には美味しいものを知っている人が多いなぁ』と感心していたのですが、お店で飲むショコラは、もう――――絶品、でした。
店内はあまり広くはありませんが、出されるものはみな濃くて甘くて見た目に可愛く、硝子のショーケースからも『お持ち帰りに如何ですか?』とチョコが誘ってきます。
抵抗しきれるか否かは、自分の気持ち一つです。頑張ってください。
忍者ブログ [PR]